災害による商品お届けの遅延について

メルマガ登録限定COUPON

メルマガ登録ですぐに使える¥1,000クーポンをプレゼント!

ルブタンの歴史

ルブタンの生い立ち

ルブタンの生い立ち

ここ数年で人気上昇中のクリスチャンルブタン。赤いソールと高くて繊細なヒールで有名ですよね。

若い世代から年配の方まで幅広い世代から人気を集めています。

1964年パリの労働者階級地区生まれのルブタン。母子家庭で3人姉妹に囲まれて育ったことが後の彼の作品のヒントになったとは彼自身の発言です。ショーのダンサーなどに刺激を受け、ファッション、特に靴に興味を持つようになりました。10代の頃から靴の絵を書いて長時間過ごしていたといいます。

1992年、自分のブティックをオープンするまでは、エルメス、シャネル、イヴ サンローラン、クリスチャンディオールなどの世界でも名立たるブランドの靴制作に携わっていたといいます。

「レッドソール」ルブタンの誕生

「レッドソール」ルブタンの誕生

ついにルブタンが28歳の時に自身のブティック「クリスチャン・ルブタン」をオープンさせます。

オープン当初からファッション業界の注目を集めました。

オリエント(イスラム圏の中東地域)の文化が自身の作品に大きく影響していると語るルブタン。中東を旅したといわれますが、その時のことが大きく関わっているのかもしれませんね。

その彼がデザインする靴は多くの女性を虜にして離しません。

エレガントでセクシー、洗練された孤高の存在感をみせるルブタンの靴、女性なら誰もが憧れますよね。

彼の靴は瞬く間に世界に広まり、現在ではロンドン、パリ、モスクワ、ニューヨーク、ロサンゼルスなどに直営ブティックを展開し、日本では、いくつかのセレクトショップを中心販売されていました。

しかし、2010年の日本初ブティックを銀座にオープンを皮切りに2013年までに7店舗を展開。

とても勢いがあるルブタン。人気芸能人や著名人もこぞって履いていますからまだまだ人気がでそうなブランドです。

日本でも人気を集め続けている高級ブランド「クリスチャン・ルブタン」の動向にまだまだ目が離せません。

SHARE

MEMBER

会員登録いただくとお買い物金額の1%が次回のお買い物でご利用いただけます。
更にルブタンの新商品入荷情報や最新情報をお知らせなど、会員登録いただくと様々な特典があります。

無料会員登録